[比較】インテル Core i7-1250U vs インテル Core i7-1260P ~Core i7-1260Pの快速ワーク

Core i7-1250Uは、より大きくパワフルなCore i7-1260Pと比較するとどうだろうか。前者は、あらゆる負荷の下で安定していることがすべてであり、TDPはより控えめな9Wとなっています。しかし、それを大きく上回るスパイクアップが確認されているので、興味深い比較になると思います。

Pシリーズチップは、2つのパフォーマンスコアが追加され、クロック速度が向上するなど、純粋なハードウェアの優位性を持っていますが、UシリーズCPUのような柔軟性は持っていません。

トップノートパソコンCPUランキングでは、最高と最新のノートパソコン用プロセッサーを紹介していますので、ご覧になってみてください。

両CPUの詳細はこちらでご確認ください。インテル Core i7-1250U/Core i7-1260P

スペック表

インテル Core i7-1250U インテル Core i7-1260P
アーキテクチャ Alder Lake-U Alder Lake-P
コア数/スレッド数 10/12 12/16
クロック速度 – ベース/ブースト 0.80 – 4.70GHz 1.50 – 4.70GHz
キャッシュ 12MB 18MB
リソグラフィー 10nm 10nm
TDP 9W 28W
メモリータイプ

DDR5-4800、LPDDR5-5200、DDR4-3200、LPDDR4x-4267

DDR5-4800、LPDDR5-5200、DDR4-3200、LPDDR4x-4267
統合GPU インテルIris XeグラフィックスG7 (96EU) インテル Iris Xe グラフィックス G7 (96EU)

CPUベンチマーク

PシリーズCPUは、3Dレンダリング性能で41%の大幅な向上を示し、Photoshopでは1秒の速さを実現しました。

結果はPhotoshopベンチマークテストの結果です(スコアが低いほど良い)

GPUベンチマーク

これは、IntelのiGPUドライバが、できるだけ多くの作業をCPUに任せ、GPUは一種の仲介役として、作業を自ら行うのではなく、CPUに変換することが主な理由です。PシリーズプロセッサーのiGPUは、3DMark Fire StrikeとUnigine Superpositionにおいて、それぞれ36%と37%高いスコアを記録しています。

ゲーミングテスト

cs-go-benchmarks

CS:GO HD 1080p、低(設定確認) HD 1080p, Medium(設定確認) HD 1080p、MAX設定を確認)
インテル Core i7-1250U – Iris Xe グラフィックス G7 (96EU) 147 fps 110 fps 68 fps
インテル Core i7-1260P – Iris Xe グラフィックス G7 (96EU) 175 fps(+19%) 136 fps(+24%) 87 fps(+28%)

DOTA 2 HD 1080p、低(設定を確認) HD 1080p、標準設定の確認) HD 1080p、高設定を確認)
インテル Core i7-1250U – Iris Xe グラフィックス G7 (96EU) 122 fps 90 fps 55 fps
インテル Core i7-1260P – Iris Xe グラフィックス G7 (96EU) 150 fps(+23%) 104 fps(+16%) 64 fps(+16%)

まとめ

Core i5-1260Pは、性能の低いUシリーズと、温度や冷却よりも性能を最大化するAlder Lake Hシリーズの中間的な存在と言えます。ご覧のとおり、Pシリーズ・プロセッサーは、ポータブルな筐体に収められながら、適切に機能するためにそれほど冷却を必要としないため、依然として多くのパワーを提供しています。

インテルCore i7-1250Uを搭載したノートパソコン全機種。

インテルCore i7-1260Pを搭載したすべてのノートパソコン。

Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments