[徹底比較】Acer Predator Helios 300 (PH317-56) vs Acer Nitro 5 (AN517-55) – プレデターがプレイヤーになる。

Acerは、2022年にゲーミングノートPCを昇格させました。デザインを変え、ハードウェアの電力制限を高めるなど、内部にも多くの変更を加えたNitro 5の改良版を発表し、LenovoとASUSのミドルレンジのLegionとTUFラップトップをそれぞれターゲットにして、市場におけるイメージと地位を確実に高めました。

しかし、Predator Helios 300のようなラップトップで、すでに確立されたPredatorラインナップの領域にも入り込んでいます。より高い価格タグを正当化するために、より多くの機能とパフォーマンスを提供できるのか、それとも2022年のリフレッシュでNitro 5がより理にかなっているのか?

本日は、Acer Predator Helios 300 (PH317-56) と Acer Nitro 5 (AN517-55) の詳細な比較をご紹介します。

Acer Predator Helios 300(PH317-56)。フルスペック/徹底レビュー

Acer Nitro 5 (AN517-55)。フルスペック/詳細レビュー

日本エイサー Predator Helios 300 (PH317-56)構成。

Acer Nitro 5 (AN517-55) の構成。

Contents

デザインと構造

一目見ただけで、Acerが両デバイスに同じ金型を使用していることが分かります。このため、外見は非常によく似ていますが、ビルドマテリアルが異なるだけです。Predatorラップトップは、全体がアルミニウムで作られており、非常に剛性の高い構造になっています。蓋とベースの両方はマット仕上げで、背面にはブルーにライトアップされたPredatorのロゴがあります。

Nitro 5はプラスチックを使用していますが、蓋と底面のたわみがほとんどなく、耐久性は同じです。ご覧のとおり、2つのノートPCは、シャープなエッジ、丸みを帯びたコーナー、よりスクエアな外観など、よりミニマルなデザインになっています。しかし、背面にはかなりアグレッシブなヒンジがあり、昔のNitroを思い起こさせます。プラスチック製の筐体のため、Nitro 5は少し厚くなっていますが、騒ぎ始めるほどのことではありません。

体重 高さ
Acer Predator Helios 300 (PH317-56) 3.00 kg 26.9 mm
日本エイサー Nitro 5 (AN517-55) 3.00 kg 28.6 mm

キーボードとタッチパッド

2つのラップトップは、NumPadと大きな矢印キーを備えたフルサイズのキーボードを備え、同様の基本レイアウトとデザインになっています。両機種ともキーストロークが長く、クリック感のあるフィードバックが得られるため、タイピング体験は最高です。RGBバックライトも標準装備されています。Predatorはタッチパッドが大きく、表面にはガラスが使用されていますが、Nitroはプラスチック製です。しかし、パッドは非常に滑らかで、非常に正確です。

ポート類

Predator Helios 300は、I/Oが背面だけでなく、左右にも分かれています。10ギガビット×2、5ギガビット×1の合計3つのUSB Type-Aポート、USB Type-C 10ギガビット×1、HDMIポート、Mini DisplayPort、LANポート、3.5mmオーディオジャックを搭載しています。

Nitro 5も同じようにポートを分けていますが、Mini DisplayPortがありません。代わりにType-CコネクタでThunderbolt 4をサポートしています。

分解、アップグレードオプション

どちらのラップトップも、2つのSODIMMスロットを備えており、素晴らしいアップグレード性を持っています。ただし、Predator HeliosはDDR5メモリを使用し、Nitro 5はロー・ミドルレンジ市場をターゲットにしているため、DDR4が搭載されています。ストレージ面では、両機種ともGen 4 SSD用のM.2 PCIe x4スロットを2基搭載している。バッテリーが小さいNitro 5を入手した場合、2.5インチSATA SSDを内部に配置することもできますが、Acerが取り付けハードウェアを内部に送っているかどうかは定かではありません。15インチモデルではそうなっているので、こちらでも入手できる可能性が高いでしょう。

スペックシート

ディスプレイ品質

どちらのノートパソコンもディスプレイの選択は同じで、基本構成は144HzのFHD IPSパネルを搭載しています。FHD 165HzディスプレイまたはQHD IPSディスプレイのいずれかにアップグレードすることができます。PredatorとNitroの両方で、ピクセル密度170 PPI、ピッチ0.15×0.15 mm、Retina距離51 cmのQHDバージョンをテストしました。

どちらのノートパソコンも、快適な視野角を実現しています。ここでは、画質を評価するために45度の画像を掲載しています。

型番まで同じパネルでありながら、Predatorの方が圧倒的に明るく、画面中央のピーク輝度が374nits、全体の平均が347nitsで、最大偏差は15%。コントラスト比は1110:1。

Nitro 5については、画面中央の最大輝度が320nits、全体の平均が302nitsとなり、最大偏差は10%だが、コントラスト比は1160:1とやや高めだ。

色の再現性

念のため、sRGBの色域とAdobe RGBについて少し紹介したいと思います。まず、人間の目で見える色のスペクトルを表したCIE1976統一色度図があり、色域のカバー率と色の正確さをより認識することができる。

黒い三角形の内側には、HDTVやWebで何百万人もの人が使っている標準色域(sRGB)が表示されます。Adobe RGBについては、これはプロ用のカメラやモニターなどで印刷に使われています。基本的に、黒い三角形の内側の色は誰もが使うもので、これが主流のノートPCの色品質や色精度に欠かせない部分です。

それでも、映画スタジオで使われている有名なDCI-P3規格や、デジタルUHDのRec.2020規格など、他の色空間も入れています。ただし、Rec.2020はまだ未来の話であり、現在のディスプレイでそれをうまくカバーするのは難しいです。また、いわゆるマイケル・ポインターの色域(ポインターの色域)と呼ばれる、私たちの身の回りで毎日自然に発生する色を表現する色域も収録しています。

黄色の点線は、Acer Predator Helios 300(PH317-56)とNitro 5(AN517-55)の両方の色域を示しており、どちらもsRGBカバー率100%、DCI-P3カバー率99%を示しています。

色精度

色彩精度

人肌の明暗、青空、芝生の緑、オレンジなど、よく使われる24色でディスプレイの精度をテストしました。工場出荷時の状態と、「Design and Gaming」プロファイルでの結果を確認することができます。

下図では、両方のノートPCについて、工場出荷時の設定(左)と、当社の「Design and Gaming」プロファイルを適用した状態(右)のテスト結果を確認することができます。

どちらのノートパソコンも、私たちのプロファイルを適用するとdE値が低くなりますが、それでも2.0を下回ることはありません。とはいえ、十分近い値なので、クリエイター業務に使うことは可能です。

日本エイサー Predator Helios 300 (PH317-56)

Acer Nitro 5 (AN517-55)

応答速度(ゲーミング性能)

通常の「黒から白」「白から黒」で10%から90%まで、またその逆の方法で画素の反応速度をテストしています。

どちらのノートパソコンも、Fall + Riseの時間は9.1msと同じです。

健康への影響 – PWM / ブルーライト

PWM – 画面のちらつき

パルス幅変調(PWM)は、モニターの輝度を簡単に制御する方法です。輝度を下げると、バックライトの光量が下がるのではなく、電子回路によって人間の目には区別できない周波数でオフとオンが繰り返されます。この光のインパルスでは、明るさは変わらないのに光と無光の時間比が変化し、目に有害なのです。それについては、PWMの専門記事で詳しく解説しています。

どちらのノートパソコンも、すべての輝度レベルにおいてPWMの使用がないことがわかります。

ブルーライトエミッション

ヘルスガードプロファイルをインストールすると、PWMが除去されるだけでなく、画面の色を正確に保ちながら、有害なブルーライトの放出も低減されます。ブルーライトについてよくご存じない方のために簡単に説明すると、目や肌、体全体に悪影響を及ぼす発光です。ブルーライトに関する詳しい情報は、ブルーライトに関する専門記事をご覧ください。

プロファイルを購入する

エイサー プレデター ヘリオス 300 (PH317-56) 17.3 ″ Quad HD IPS BOE NE173QHM-NY6 (BOE0A1A):私たちのプロファイルを購入する

Acer Nitro 5 (AN517-55) 17.3″ Quad HD IPS BOE NE173QHM-NY6 (BOE0A1A)。私たちのプロファイルを購入する

サウンド

底面にグリルがあるにもかかわらず、どちらのノートPCも底面にスピーカーを搭載し、左右に切り込みが入っている。音質は両機種ともほぼ同じで、大きな音で、全周波数帯域でズレがない。

バッテリー

Predator機とNitro機は、90Whのバッテリーパックを搭載しています。サイズは同じですが、Nitro 5の方がわずかにバッテリー駆動時間が長く、ウェブブラウジングで55分、ビデオ再生で23分多く持続します。これらの結果は、WindowsBetterのパフォーマンス設定をオンにし、画面の輝度を120nitに調整し、ノートPCをテストする以外のすべてのプログラムをオフにした状態で達成されました。

In order to simulate real-life conditions, we used our own script for automatic web browsing through over 70 websites.

For every test like this, we use the same video in HD.

パフォーマンス

どちらのデバイスも、Alder Lake HシリーズとRTX 30シリーズのグラフィックスを搭載しています。ただし、PredatorはRTX 3080で購入でき、Nitro 5はRTX 3070 Tiになりますが、それでも1440pには十分すぎるほどのパワーがあります。

CPUベンチマーク

ここでは、2つのシステムでCore i7-12700Hをテストしました。Predator Helios 300 は、3D および 2D レンダリングの両方でより高いパフォーマンスを発揮し、Cinebench 20 では 22% 高いスコア、Photoshop では 0.8 秒のリードを記録しています。

結果はPhotoshopベンチマークテストの結果です(スコアが低いほど良い)

GPUベンチマーク

ここでは、150W RTX 3070 Tiを両方のノートパソコンに搭載してテストしました。ここでは、テストした4つのベンチマークで、かなり均等なスコアが得られています。Predator マシンは、3DMark Time Spy と Fire Strike で 2%と 1%、Nitro 5 は 3DMark Fire Strike と Unigine Superposition で 1% と 4% 速くなりました。

ゲーミングテスト

メトロエクソダス フルHD、低(設定確認) フルHD、High設定確認) フルHD、エクストリーム(設定確認)
Acer Predator Helios 300 (PH317-56) – RTX 3070 Ti (150W) 163 fps(+18%) 97 fps(+8%) 49 fps
Acer Nitro 5 (AN517-55) – RTX 3070 Ti (150W) 138 fps 90 fps 49 fps

ボーダーランズ3 フルHD、中設定確認) フルHD、高設定確認) フルHD、バッドアス設定確認)
Acer Predator Helios 300 (PH317-56) – RTX 3070 Ti (150W) 138 fps(+16%) 116 fps(+14%) 97 fps(+10%)
Acer Nitro 5 (AN517-55) – RTX 3070 Ti (150W) 119 fps 102 fps 88 fps

トム・クランシーズ・ゴーストリコン ワイルドランズ フルHD、高設定を確認) フルHD、ベリーハイ設定確認) フルHD、ウルトラ設定確認)
Acer Predator Helios 300 (PH317-56) – RTX 3070 Ti (150W) 141 fps(+8%) 124 fps(+12%) 83 fps(+8%)
Acer Nitro 5 (AN517-55) – RTX 3070 Ti (150W) 130 fps 111 fps 77 fps

温度と快適性

Acerは、両方のラップトップで同じ冷却設定を使用しており、合計4本のヒートパイプを備えています。そのうちの2本はCPUとGPUで共有され、それぞれにはさらに別のヒートパイプがあります。GPU上のヒートパイプは、その両端がファンケーシングの上にくるように湾曲しています。

最大CPU負荷

インテル Core i7-12700H (45W TDP) 0:02 – 0:10 秒 0:15〜0:30秒 10:00〜15:00分
日本エイサー Predator Helios 300 (PH317-56) 3.39 GHz @ 2.84 GHz @ 64°C @ 103W 3.53GHz @ 2.76GHz @ 71°C @ 100W 2.66GHz @ 2.86GHz @ 87°C @ 102W
エイサー ニトロ 5 (AN517-55) 2.22GHz @ 3.27GHz @ 83°C @ 115W 3.43GHz @ 2.71GHz @ 82°C @ 100W 1.58GHz @ 3.27GHz @ 93°C @ 95W

どちらのノートパソコンも、Eコアを最大限に活用する代わりに、CPUを奇妙な方法で使用しています。Pコアがわずか1.6GHzで動作するのに対し、Eコアは3.00GHzをはるかに超えるので、Nitro 5はそれについてより積極的です。とはいえ、Predatorはより高いワット数とより低い温度に到達します。

実戦的なゲーム

NVIDIA GeForce RTX 3070 Ti(エヌビディア ゲフォース RTX 3070 Ti GPU周波数/コア温度(2分後) GPU周波数/コア温度(30分後) GPU周波数/コア温度(ファン最大)
Acer Predator Helios 300 (PH317-56) 1637MHzの@ 70°Cの@ 149W 1628MHzの@ 72℃の@ 149W 1646MHzの@ 67℃の@ 150W
エイサーNitro 5 (AN517-55) 1663 MHz @ 73°C @ 149W 1655 MHz @ 74°C @ 149W

Nitro 5のRTX 3070 Tiのクロックは若干高いが、発熱も大きい。

ゲーミングの快適性

2つのデバイスは、40℃を超えず、Predator Helios 300は36℃と、例外的に低温です。騒音レベルはそこそこで、特にTurbo設定を切り替えた場合は、騒音が大きくなります。

評価

私たちが行ったさまざまなテストから、我々は安全に、2つのデバイスは、常により手頃な価格のデバイスを支持する多くの同じを提供すると言うことができます。Predator Helios 300は、アルミニウムの筐体でより高級感があり、使用しているガラス製タッチパッドも驚異的なものです。Thunderbolt 4を搭載していませんが、DisplayPortを別途追加しています。

どちらのノートパソコンも素晴らしいキーボードを搭載しており、同じディスプレイパネルを提供しながらアップグレードが可能なため、一般的に同じエクスペリエンスを得ることができます。Heliosのパネルの方が少し明るいので、明るい環境では、より読みやすくなります。Nitro 5はバッテリー駆動時間がわずかに長く、PredatorはCPU性能の点で勝っています。これは、どちらのラップトップも採用している奇妙な電源管理のおかげですが、Nitroの方がはるかに一般的です。GPUの性能はほぼ互角で、両機種ともゲームの動作は非常に良好です。提供されているGPUのTGPは最高で、冷却も実際に維持することができます。

快適さに関しては、長時間の高負荷セッションでノイズが問題になることがありますが、温度が本当に低く、ベースから放射される熱を実際に感じることができないので、ほとんど問題ありません。さて、問題はどちらを選ぶかということです。しかし、もしNitro 5が同じようなスペックのHelios 300よりも安いのであれば、そちらを選ぶべきでしょう。Nitro 5がHelios 300よりも安ければ、そちらを買うべきでしょうし、価格が同じかわずかに上がるだけなら、Predatorに追加料金を払ったほうがいいかもしれません。


Acer Predator Helios 300 (PH317-56) を選択する理由は何ですか?

  • アルミボディ
  • より良いタッチパッド
  • より高いCPU性能


Acer Nitro 5 (AN517-55)を選ぶ理由

  • より長いバッテリー寿命
  • Thunderbolt 4のサポート
  • より安価に入手可能

Acer Predator Helios 300 (PH317-56)。フルスペック/詳細なレビュー

日本エイサー「Nitro 5」(AN517-55)。フルスペック/詳細レビュー

日本エイサー Predator Helios 300 (PH317-56)構成。

Acer Nitro 5 (AN517-55) の構成。

Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments