[徹底比較】HP Victus 16(16-d1000) vs HP Omen 16(16-k0000) ~HPは2022年にレベルアップする

HPは、ゲーミングノートPCの入れ替えを行い、Pavilion Gamingのラインナップを廃止し、15インチと16インチの両方を提供するVictusシリーズに変更しました。Victusラップトップは、昨年提供された強力なハードウェアだけでなく、良好な色範囲の16.1インチディスプレイを持つ、まともなされています。

しかし、HPは2022年にVictusとOmenの両方のラップトップをAlder Lakeでアップグレードしたので、私たちは昨年のラップトップについて話すためにここにいるのではありません。今日は、VIctus 16(16-d1000)とOmen 16(16-k0000)という大物を比較するために来たのです。純粋にスペックだけ見ると、HPが2021年のスランプを完全に乗り越え、Omenラップトップが提供するすべてのGPUの電力制限を増やしたため、より強力なグラフィックスでOmenがまともにリードしています。

さて、今日はHP Victus 16 (16-d1000)とHP Omen 16 (16-k0000)の徹底的な比較をしてみましょう。

HP Victus 16(16-d1000)です。フルスペック/徹底レビュー

HP Omen 16 (16-k0000)の場合。フルスペック/徹底レビュー

HP Victus 16 (16-d1000)の構成。

HP Omen 16 (16-k0000)のコンフィギュレーション。

Contents

デザインおよび構造

Victus 16は、全体がプラスチック製のシャーシを搭載しています。指紋がつきやすいマットな仕上がりです。デザインは非常にミニマルであり、ビジネスの雰囲気を醸し出しています。ノートパソコンのカラーはダークグレーに塗られていますが、ホワイト仕上げもあり、とても良い感じです。耐久性については、蓋がたわみ、底面にもたわみが見られるため、圧力をかけるとノイズやポップ音が発生します。重量は2.40kg、プロファイルは23.5mmなので、最軽量とは言えません。

Omen 16に目を移すと、プラスチック製のフタとアルミ製のベースが見えます。通常は逆なのですが、それでも、できるところからアルミを注入していきます。フタは多少のたわみが見られますが、ベースはかなりの高剛性です。また、ヒートベントを最小限に抑えることで、よりステルス性の高い外観になっています。重量は2.41kg、外形寸法は23mmとほぼ同じです。どちらのノートPCも蓋に識別できる要素があり、Victus 16には巨大なVが、Omen 16には昨年はターコイズカラーだったブラックエメラルドが描かれています。どちらのノートパソコンも片手で開けられるフタですが、本体を動かすと少し跳ねてしまうのも特徴です。

キーボードとタッチパッド

Victus 16はフルサイズのキーボードとNumPadを備えていますが、Omen 16はNumPadがありません。また、両モデルともキーボード上部に冷却専用のグリルがあります。どちらのキーボードもキーストロークが長く、クリック感のある打鍵感ですが、Omen 16には巨大な矢印キーを配置できるスペースがあります。タッチパッドもよく似ていて、驚くほど反応がいい。とはいえ、Victusの表面はもう少し滑らかでした。

ポート類

Victus 16のI/Oは、USB Type-A 3.2 (Gen. 1)ポート3つ、USB Type-C 3.2 (Gen. 1)ポート1つ、LANポート、HDMI 2.1ポート、オーディオジャック、SDカードリーダーなど、多くの分野をカバーしています。

Omen 16は、HDMI 2.1接続も共有しながら、UBS Type-A 3.2(Gen.1)ポートを3つ搭載しています。また、LANポート、オーディオジャック、SDカードリーダーも装備しています。Victusと異なるのは、背面に2つのThunderbolt 4ポートを搭載している点です。

スペックシート

分解、アップグレードオプション

どちらのノートパソコンも、8本のプラスネジで固定されています。どちらもSODIMMスロットが2つあり、DDR5メモリに対応し、最大64GBまで搭載可能です。ストレージ面では、Gen 4ドライブ用のM.2スロットが2つ用意されています。

ディスプレイの品質

Victus 16は、16.1インチのディスプレイを3種類搭載しています。そのうちの2つは、FHD解像度で、リフレッシュレートは60Hzまたは144Hzのどちらかです。最後のパネルは、QHD解像度と165Hzのリフレッシュレートを持っています。FHDディスプレイは、250または300nitsの輝度を持つ2つのバージョンがあり、より明るいモデルはsRGBカバー率100%を実現しています。QHDディスプレイもsRGBの色域を完全にカバーしています。Omen 16も同じディスプレイを搭載していますが、こちらは165HzのパネルでG-Syncをサポートしています。両ノートPCで、ピクセル密度137 PPI、ピッチ0.19×0.19 mm、Retina距離64 cmのFHD 144Hzオプションをテストしました。

以下の参考画像でご覧いただけるように、視野角は良好です。

Victus 16のパネルは、書類上250nitという制限があるにもかかわらず、テストしたところ画面中央で317nit、全体の平均として303nitと高くなり、最大偏差は10%だった。コントラスト比は1050:1とまずまずです。

Omen 16は、画面中央で408nits、全域平均で392nitsとかなり明るくなり、最大偏差は6%、コントラスト比は1060:1です。

色の再現性

念のため、sRGBの色域とAdobe RGBについて少しご紹介しておきます。まず、人間の目で見える色のスペクトルを表したCIE1976統一色度図があり、色域のカバー率と色精度をよりよく認識することができる。

黒い三角形の内側には、HDTVやWebで何百万人もの人が使っている標準色域(sRGB)が表示されます。Adobe RGBについては、これはプロ用のカメラやモニターなどで印刷に使われています。基本的に、黒い三角形の内側の色は誰もが使うもので、これが主流のノートPCの色品質や色精度に欠かせない部分です。

それでも、映画スタジオで使われている有名なDCI-P3規格や、デジタルUHDのRec.2020規格など、他の色空間も入れています。ただし、Rec.2020はまだ未来の話であり、現在のディスプレイでそれをうまくカバーするのは難しいです。また、いわゆるマイケル・ポインターの色域(ポインターの色域)と呼ばれる、私たちの身の回りで毎日自然に発生する色を表現する色域も収録しています。

黄色の点線は、HP Victus 16(16-d1000)とOmen 16(16-k0000)の両方の色域を表しています。Victus 16はsRGBの色域の50%をカバーし、Omen 16はsRGBの色域を100%カバーしています。

色の正確さ

人肌の明暗、青空、芝生の緑、オレンジなど、よく使われる24色でディスプレイの精度をテストしました。工場出荷時の状態と、「Design and Gaming」プロファイルを使用した場合の結果を確認できます。

下図では、両方のノートPCについて、工場出荷時の設定(左)と、当社の「Design and Gaming」プロファイルを適用した状態(右)のテスト結果を確認することができます。

Omen 16のディスプレイは、工場出荷時でdE値1.9とかなり正確です。当社の「デザインとゲーム」プロファイルを適用すると、0.8とさらに低下します。

HP Victus 16 (16-d0000)

HP Omen 16 (16-k0000)

応答速度(ゲーミング性能)

通常の「黒から白」「白から黒」の方法で10%から90%まで、またその逆の方法で画素の反応時間をテストしています。

HP Omen 16 (16-k0000)のパネルは、Fall + Riseの時間が9.5msと、かなり速い反応速度になっています。

健康への影響 – PWM / ブルーライト

PWM – 画面のちらつき

PWM(パルス幅変調)は、モニターの輝度を簡単にコントロールすることができる方法です。輝度を下げると、バックライトの光量が下がるのではなく、電子回路によって人間の目には区別できない周波数でオフとオンが繰り返されます。この光のインパルスでは、明るさは変わらないのに光と無光の時間比が変化し、目に有害なのです。それについては、PWMの専門記事で詳しく解説しています。

どちらのノートパソコンも、すべての輝度レベルにおいてPWMの使用がないことがわかります。

ブルーライトエミッション

ヘルスガードプロファイルをインストールすると、PWMが除去されるだけでなく、画面の色を正確に保ちながら、有害なブルーライトの放出も低減されます。ブルーライトについてよくご存じない方のために簡単に説明すると、目や肌、体全体に悪影響を及ぼす発光です。ブルーライトに関する詳しい情報は、ブルーライトに関する専門記事をご覧ください。

プロファイルを購入する

HP Victus 16 (16-d1000) 16.1″ FHD IPS BOE BOE0AAD:私たちのプロファイルを購入します

HP Omen 16 (16-k0000) 16.1″ FHD IPS BOE BOE0AAE:プロファイルを購入する

サウンド

両方のHPのデバイスは、左右のグリルと、底面発射スピーカーが付属しています。音質の面では、どちらのセットアップも全周波数帯域でずれのない音を出しますが、Omen 16のBang & Olufsenセットアップの方が音量が大きくなっています。

バッテリー

Omen 16に搭載されている83Whのバッテリーではなく、より小型の70Whのバッテリーパックを搭載しているにもかかわらず、Victusラップトップは、ウェブブラウジングで3時間6分以上、ビデオ再生で2時間52分も持ちこたえます。この結果は、Windowsのパフォーマンス向上設定をオンにし、画面の輝度を120nitに調整し、今回テストしたプログラム以外のすべてのプログラムをオフにした状態で達成されました。

In order to simulate real-life conditions, we used our own script for automatic web browsing through over 70 websites.

For every test like this, we use the same video in HD.

パフォーマンス

どちらのノートパソコンもAlder lake Hシリーズを搭載していますが、Victus 16は最大でCore i7-12700H、Omen 16はCore i9-12900Hを提供しています。また、グラフィックはどちらもRTX 30シリーズを採用していますが、ハイエンドではOmen 16の方が選択肢が多く、最大でRTX 3070 Tiを搭載しています。

CPUベンチマーク

ここでは、Core i7-12700HとCore i5-12500Hをテストしました。Core i7の方が、性能の高いコアを2つ搭載しており、明らかに高性能なCPUです。Cnebench 20の3Dレンダリングでは10%高いスコア、Photoshopベンチマークでは0.4秒の差をつけて1位で終了しています。

結果はPhotoshopベンチマークテストの結果です(スコアが低いほど良い)

GPUベンチマーク

ここでは、両方のラップトップでRTX 3060をテストしましたが、Omenデバイスは40Wのワット数を追加しており、かなり優位に立っています。そのおかげで、3DMark Fire StrikeとUnigine Superpositionでは、Omenが9%と12%高いスコアを出しています。

ゲーミングテスト

メトロ・エクソダス フルHD、Low設定確認) フルHD、High設定確認) フルHD、エクストリーム(設定確認)
HP Victus 16 (16-d1000) – RTX 3060 (100W) 137 fps 66 fps 32 fps
HP Omen 16 (16-k0000) – RTX 3060 (140W) 154 fps(+12%) 75 fps(+14%) 36 fps(+13%)

ボーダーランズ 3 フルHD、中設定確認) フルHD、高設定確認) フルHD、バッドアス(設定確認)
HP Victus 16 (16-d1000) – RTX 3060 (100W) 115 fps 87 fps 68 fps
HP Omen 16 (16-k0000) – RTX 3060 (140W) 131 fps(+14%) 96 fps(+10%) 74 fps(+9%)

トム・クランシーズ・ゴーストリコン ワイルドランズ フルHD、高設定を確認) フルHD、ベリーハイ設定を確認) フルHD、ウルトラ設定確認)
HP Victus 16 (16-d1000) – RTX 3060 (100W) 100fps 87 fps 57 fps
HP Omen 16 (16-k0000) – RTX 3060 (140W) 110 fps(+10%) 95 fps(+9%) 62 fps(+9%)

シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』(2018年) フルHD、中(設定確認) フルHD、高設定確認) フルHD、最高(設定確認)
HP Victus 16 (16-d1000) – RTX 3060 (100W) 118 fps 111 fps 73 fps
HP Omen 16 (16-k0000) – RTX 3060 (140W) 133 fps(+13%) 125 fps(+13%) 82 fps(+12%)

温度と快適性

VictusとOmenのノートPCの冷却設定は実によく似ている。Victus 16には3本のヒートパイプがあり、2本はCPUとGPUで共有され、もう1本はグラフィックス用となっています。Omen 16は、プロセッサー用に4本目のヒートパイプを導入し、状況を均一化させています。

CPU最大負荷

インテル Core i7-12700H (45W TDP) 0:02 – 0:10秒 0:15〜0:30秒 10:00〜15:00分
HP Victus 16 (16-d1000) 3.72 GHz @ 2.85 GHz @ 76°C @ 115W 3.33GHz @ 2.58GHz @ 78°C @ 96W 2.37GHz @ 1.89GHz @ 65°C @ 45W

Victusはストレステストでもかなり健闘しており、テスト開始当初は非常に高いワット数とクロックスピードを示し、後半はベースの45W TDPで動作させながら安定したスピードを維持している。最終的にこれだけ温度が下がっているのだから、Core i7から引き出せる性能はまだまだあると思われる。

インテル Core i5-12500H (45W TDP) 0:02〜0:10秒 0:15〜0:30秒 10:00〜15:00分
HP Omen 16 (16-k0000) 3.96 GHz @ 3.03 GHz @ 77°C @ 95W 2.80 GHz @ 2.28 GHz @ 63°C @ 51W 3.71GHz @ 2.87GHz @ 79°C @ 80W

Omen 16は15秒から30秒のところでつまずき、クロックスピードとワット数を下げるが、Pコアで3.71GHzと安定しており、力強く復活している。

実戦的なゲーム

NVIDIA GeForce RTX 3060の場合 GPU周波数/コア温度(2分後) GPU周波数/コア温度(30分後) 最大ファン数
HP Victus 16 (16-d1000) 1535 MHz @ 75°C @ 100W 1536 MHz @ 76°C @ 100W
HP Omen 16 (16-k0000) 1833 MHz @ 79°C @ 140W 1825 MHz @ 82°C @ 139W

Omen 16は300MHzの高速化を実現し、40Wの追加電力は本当に多くの高速化をもたらします。グラフィックスがそれほど熱くならないのに、このすべてが起こっており、その差は4℃から6℃ほどだった。

ゲーミングの快適性

パフォーマンスファンのプリセットを使用すると、ラップトップはかなりうるさくなりますが、ベースの温度は低かったので、ヘッドホンを使用すれば、素晴らしい体験をすることができます。

評価

2つのラップトップは似ていますが、HPはOmen 16にもっと注意を払い、より良い素材とより高いパワーを装備していることがわかります。しかし、これはコスト増につながるので、間違いなく賞賛すべき点がある。

Omenはアルミニウムをベースにしているため、耐久性が少し高くなっていますが、どちらのノートパソコンも重量と厚さはほぼ同じです。キーストロークが長く、クリック感のある打鍵感なので、タイピングはどちらも素晴らしいです。VictusはNumPadを搭載していますが、Omenはよりゲーム志向で、より大きな矢印キーのスペースを利用しています。

また、I/Oの一部を背面に配置したOmenラップトップは、より優れたポートとThunderbolt 4をサポートしています。アップグレードは、RAMとSSDの両方のスロットを持つ、両方の素晴らしいです。Omenは、より高い輝度と高い色再現性を備えた、より優れたディスプレイを搭載しています。このノートパソコンは、箱から出してすぐに素晴らしい精度を発揮しますが、私たちはデザインとゲーム用のプロファイルを使って、さらに精度を高めることができました。また、Omenは、より大きな音量の優れたスピーカーを搭載しています。

Victusがリードしているのは、バッテリー駆動時間で、ウェブブラウジングとビデオ再生の両テストで平均3時間延長しています。Omen 16は、より高いTGPグラフィックスを搭載しているため、ゲームとベンチマークの両方でより高いスコアを獲得しています。これは、同じような温度で動作しているにもかかわらず、可能な限り最高のパフォーマンスを求めるのであれば、より良い選択肢となる。Victusの唯一の救いは、低価格であることです。これは、明らかにPavilion Gamingシリーズに代わる製品であり、よりミニマルな外観を備えているからです。その分、強力なハードウェアを利用できるため、良いマシンと言えるでしょう。100Wの出力でRTX 3060を搭載し、良好なフレームレートを実現しています。

最終的に、この2つのラップトップは、LenovoとそのIdeaPad GamingおよびLegionシリーズに戦いを挑むために手を組んでいるので、両者が向上したことは、市場全体にとって大きな勝利となります。


HP Victus 16 (16-d1000) を選ぶ理由。

  • より長いバッテリ寿命
  • より手頃な価格であること


なぜHP Omen 16 (16-k0000)を選ぶのか?

  • より良いビルドクオリティ
  • より強力なGPU
  • より優れたI/O
  • より高い色再現性を持つディスプレイ

HP Victus 16 (16-d1000)です。フルスペック/詳細レビュー

HP Omen 16 (16-k0000)。フルスペック/詳細レビュー

HP Victus 16 (16-d1000)の全構成をご紹介します。

HP Omen 16 (16-k0000)の全構成をご紹介します。

Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments