HP EliteBook 640 G9の開け方 – 分解とアップグレードオプション

このラップトップは、ProBook 400とEliteBook 800シリーズの間のスイートスポットをカバーしています。ありがたいことに、アップグレードオプションは、両者の長所をカバーしています。

私たちの仕様システムですべてのHP EliteBook 640 G9の価格と構成をチェックアウト, または私たちの詳細なレビューで詳細を参照してください.

1.底板を取り外す

このノートブックの内部にアクセスするには、5つのトルクスネジを外す必要があります。次に、プラスチック製の工具で底板をこじ開けます。このとき、背面から始めるとよいでしょう。

2.バッテリーを取り外す

今回の構成では、51.3Whのバッテリーパックを搭載しています。Web閲覧で13時間、動画再生で10時間使用することができました。バッテリーを取り外すには、バッテリーのコネクタを抜き、固定されている4つのプラスネジを外します。

3.メモリとストレージのアップグレード

メモリに関しては、2つのSODIMMスロットがあり、デュアルチャネルモードで最大64GBのDDR4 RAMを使用することができます。ストレージオプションは、M.2 PCIe x4スロット1基で、Gen 4 SSDに対応しています。

4.冷却システム

冷却に関しては、ヒートシンクにつながる1本のヒートパイプが用意されています。そこで、1つのファンがシャーシから熱を放出させます。

HP EliteBook 640 G9の価格と構成はスペックシステムで、詳細はインディプスレビューでご確認ください。

HP EliteBook 640 G9 徹底レビュー

What is HP trying to do with the EliteBook 640 G9? Well, it aims at corporations, that make huge orders of identical equipment. Since standardisation is something really important with big companies, all laptops should be secure, and reliable. Yet, once the more laptops an organization buys, the more money it saves, if it gets its employees a machine that is cheaper. So, the EliteBook 640 G9 should offer more value than the affordable ProBook 440 G9 but will be more friendly on the budget than the EliteBook 840 G9. Interestingly, HP used to call this model the ProBook 640 Gx. Apparently[...]

Pros

  • Good battery life
  • PCIe x4 Gen 4 support + 64GB of DDR4 memory in dual-channel
  • One Thunderbolt 4 connector, Wi-Fi 6, and optional LTE support
  • 95% of sRGB coverage and great color accuracy with our Gaming and Web design profile (CMN141D)
  • No PWM (CMN141D)
  • Spill-resistant keyboard
  • IR face recognition and fingerprint reader
  • Decent cooling

Cons

  • No SD card reader
  • Visually it's just a ProBook 640 G8 copy
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments