BEST LAPTOPS FOR GAMES

Top 100 Best Laptops for Apex Legends Top 100 Best Laptops for GTA V Top 100 Best Laptops for Red Dead Redemption 2 Top 100 Best Laptops for ARK: Survival Evolved Top 100 Best Laptops for AC: Odyssey Top 100 Best Laptops for AC Valhalla [AnvilNext 2.0] Top 100 Best Laptops for Battlefield 5 Top 100 Best Laptops for Borderlands 3 Top 100 Best Laptops for Call of Duty: Modern Warfare Top 100 Best Laptops for CS:GO Top 100 Best Laptops for Cyberpunk 2077 Top 100 Best Laptops for Darksiders Genesis Top 100 Best Laptops for DOOM Top 100 Best Laptops for DOOM Eternal Top 100 Best Laptops for DOTA 2 Top 100 Best Laptops for PES 2021 Top 100 Best Laptops for Far Cry 5 Top 100 Best Laptops for Far Cry New Dawn Top 100 Best Laptops for FIFA 19 Top 100 Best Laptops for FIFA 20 Top 100 Best Laptops for FIFA 21 Top 100 Best Laptops for For Honor Top 100 Best Laptops for Fortnite Top 100 Best Laptops for Gears 5 Top 100 Best Laptops for Halo: Reach Top 100 Best Laptops for Hearthstone Top 100 Best Laptops for League of Legends Top 100 Best Laptops for Metro Exodus Top 100 Best Laptops for Minecraft Top 100 Best Laptops for Need For Speed Heat Top 100 Best Laptops for Overwatch Top 100 Best Laptops for PES 2020 Top 100 Best Laptops for PUBG Top 100 Best Laptops for Resident Evil 2 [RE Engine] Top 100 Best Laptops for Rise of the Tomb Raider Top 100 Best Laptops for Rocket League Top 100 Best Laptops for Shadow of the Tomb Raider Top 100 Best Laptops for Team Fortress 2 Top 100 Best Laptops for The Witcher 3 Top 100 Best Laptops for TC: Wildlands Top 100 Best Laptops for TC: Six Siege Top 100 Best Laptops for Total War: THREE KINGDOMS Top 100 Best Laptops for Warframe Top 100 Best Laptops for World of Tanks

Lenovo Yoga Slim 7 Pro (14) – 長所と短所のトップ5

これこそが、スリーパー・ノートPCの定義です。これを見てください。14インチの小さなノートパソコンに、めちゃくちゃパワフルなCPUが搭載されています。それはあたかもベントレーのエンジンをゴルフの中に入れたようなもので、以前にも行われたことがあります。得られるのは、MacBookと同じくらい小さいのに、とんでもなくパワフルなラップトップです。レノボは小型ノートPCの分野でモンスターを生み出したのか、それとも新たなレベルのサーマルスロットリングを目にすることになるのか。

今日は、LaptopMediaが選んだLenovo Yoga Slim 7 Pro (14)のトップ5を紹介する。

レノボ・ヨガ・スリム7・プロ(14)。フルスペック/徹底レビュー

レノボ YOGA SLIM 7 PRO (14)を購入する3つの理由

1.デザインと製造品質

このノートパソコンには、高級素材が使用されており、ボディ全体がアルミニウムで作られ、アルマイト加工が施されています。スリムな形状は、このノートパソコンのプレミアム性をさらに表しています。アルミニウムの構造は、手に持ったときに非常にしっかりとした剛性感があり、曲げようとすると抵抗感がありました。重量と高さの面では、ノートPCはわずか1.35kgで、最も厚い部分でも17mmとなっています。

2.ディスプレイ品質

ここのディスプレイは本当に良いですね。対角線が14インチで、解像度は2.2Kと2.8Kの2種類があります。私たちのノートパソコンには2.8Kスクリーンが搭載されており、非常に良いパフォーマンスを発揮しました。ディスプレイは快適な視野角を持ち、最大輝度は約400nits、偏差値は11%、コントラスト比は1530:1です。sRGBカバー率は100%で、色に敏感なプロの仕事にも対応できます。

デザイン&ゲーミングプロファイルを適用したところ、色精度が大幅に向上し、dE値は1.2となり、基準値内に収まった。工場出荷時の設定(左)と「Design and Gaming」プロファイルを適用した場合(右)の色精度の結果は以下のとおりです。

プロファイルの購入

当社のプロファイルは各ディスプレイモデルに合わせて作成されているため、この記事とそれぞれのプロファイルパッケージは、14.0″ LEN140WQ+ (LEN8A90) (2.8K, 2880 x 1800) IPSパネルを搭載したLenovo Yoga Slim 7i Pro (14)の構成を対象としています。

*購入したファイルのダウンロードに問題がある場合は、メールで送られてくるリンクを別のブラウザで開いてみてください。また、ダウンロード先がアーカイブではなく.phpファイルの場合は、ファイルの拡張子を.zipに変更するか、bg.laptopmedia@gmail.com。

プロファイルについての詳細はこちらをご覧ください。

ここでは、すべてのCPUに搭載されているCPUの価格/性能差を確認することができます。

オフィスワーク

オフィスワークは、ほとんどの時間をテキストや表を見たり、ただネットサーフィンをしたりしているユーザーが使用するべきです。このプロファイルは、フラットなガンマカーブ(2.20)、ネイティブな色温度、知覚的に正確な色を維持することで、より鮮明で明瞭な色を提供することを目指しています。

デザインとゲーム

このプロファイルは、色を専門的に扱うデザイナーに向けたもので、ゲームや映画でも使用されています。Design and Gamingは、ディスプレイパネルを限界まで引き出し、WebやHDTV用のsRGB IEC61966-2-1規格の白点D65で可能な限り正確な色を実現しています。

ヘルスガード

ヘルスガードは、有害なパルス幅変調(PWM)を除去し、私たちの目や体に影響を与えるネガティブブルーライトを低減します。それはすべてのパネルのためにカスタマイズされているので、それは知覚的に正確な色を維持するために管理します。ヘルスガードは紙をシミュレートするので、目への圧力が大幅に軽減されます。

Get all 3 profiles with 33% discount

3.バッテリー駆動時間

61Whのバッテリーユニットは、内部に搭載されている強力なRyzen 5 5600HのCPUを考慮すると、素晴らしい働きをします。Webブラウジングで7時間8分、動画再生で10時間の駆動が可能です。Windowsのパフォーマンス設定「Better」をオンにし、画面の明るさを120ニットに調整し、テストするプログラム以外はすべてオフにした状態でバッテリーテストを行っています。

Lenovo Yoga Slim 7 Proを買わない2つの理由(14)

1.アップグレード機能

市場に出回っている他のスリムなプレミアムノートパソコンと同様に、この機種ではRAMのアップグレードができず、最大16GBのRAMを搭載したはんだ付けチップが採用されています。SSDストレージについては、M.2 SSDスロットが1つありますが、すでに埋まっているため、ストレージを2倍にするのではなく、交換する必要があります。

ここでは、1つのSSDスロットにアクセスする方法を示す、詳細なティアダウンビデオをご紹介します。

2.冷却方法

最大CPU負荷

高TDPのRyzen 5 5600Hは、ノートブック内の小さなスペースでは間違いなく挑戦的です。にもかかわらず、レノボは2本のヒートパイプと2つのファンで適切な冷却ソリューションを提供しています。

CPUはベースクロックを下回ることができましたが、正直なところ、まだかなり高いです。

AMD Ryzen 5 5600H (45W TDP)0:02 – 0:10 秒0:15 – 0:30 秒10時00分~15時00分
レノボ YOGA SLIM 7 PRO (14)3.43GHz(B+4%)@78°C3.35 GHz(B+2%) @ 88°C3.06 GHz(B- 7%) @ 93°C

実際のゲーム

AMD Radeon RX Vega 7 (R4000,5000 35/45W)GPU周波数/ コア温度 (2分後)GPU周波数/ コア温度 (30分後)
レノボ YOGA SLIM 7 PRO (14)1800 MHz @ 64°C1800 MHz @ 63°C

これとは対照的に、内部のiGPUは30分間のテストでも冷却状態を保つことができました。

Lenovo Yoga Slim 7 Pro (14) のすべての構成。