[スペック・情報】MSI Pulse 15とPulse 17(B13Vx)~MSIはステップアップしている

MSIの格安およびエントリーレベルのゲーミングノートPCは、依然として昨年のAlder Lakeプロセッサを利用しているが、VectorやPulseシリーズなどのミドルレンジセグメントは、Raptor Lakeに移行している。今日はPulse 15と17を取り上げ、新たに用意されたコンポーネントをどの程度実装するつもりなのかを見ていきたいと思います。

また、ミドルレンジ市場には、Legion Legion 5、Acer Nitro、さらにASUS TUFシリーズなど、印象的なノートPCが多く、消費者層のできるだけ大きな部分を獲得しようと努力しているので、冷却と電力制限についても説明する予定である。

今日は、MSI Pulse 15 (B13Vx) と Pulse 17 (B13Vx) の概要を説明します。

フルスペックMSI Pulse 15 (B13Vx)/MSI Pulse 17 (B13Vx)

MSI Pulse 15 (B13Vx)の構成。

MSI Pulse 17 (B13Vx)構成。

デザイン

MSIは昨年と同じ筐体を再利用していますが、今回は蓋のデザインが新しくなり、縦に太く(大きく)MSIの文字が入り、真ん中に黒いMSI Dragonのロゴが入っています。昨年、Pulseシリーズの蓋はアルミニウム製でしたので、ここでも同じようになると思われます。全体的にグレー/ブラックのツートンカラーで、特に蓋のスクープがきちんと見えます。ゲーミングノートPCの中には、より洗練されたデザインのものが出てきており、オフィスシーンでも大きく受け入れられるようになってきていますが、見たところ、Pulseデバイスもその1つかもしれませんね。

重量 高さ
MSI パルス15 (B13Vx) 2.30 kg 26.9 mm
MSI パルス 17 (B13Vx) 2.70 kg 27.2 mm

ディスプレイ

Pulse 15には2つのディスプレイがあり、esportsファン向けのリフレッシュレート360HzのフルHD IPSパネルと、新しいADA 40シリーズグラフィックスがQHDゲームに対応できるはずなので、おそらくよりメインストリームなオプションとなるであろうQHD IPS 240Hzパネルが用意されています。Pulse 17には、より控えめなフルHD 144Hz IPSオプションがあり、QHDパネルがより大きな17.3インチのフォームファクターに完璧にフィットするはずなのに、これは残念なことです。

仕様と機能

両方のラップトップは、Core i7-13700H、6 P-コアと8 E-コアの14コアチップを搭載しています。グラフィックスには、RTX 4060とRTX 4070のいずれかを選択でき、140Wの電力制限があります。Pulseがこのワット数を維持できれば、素晴らしいパフォーマンスを期待できることは間違いないでしょう。ノートPCの冷却は、5本のヒートパイプと2つのファンによるセットアップに委ねられています。ヒートパイプのほとんどはGPUに集中しており、これは賢明な選択です。

最後に、PulseラップトップのI/Oは、1つのUSB 2.0ポート、マウス用に残しておくことをお勧めします、さらに2つのType-A 3.2 (Gen. 1) ポート、および1つのUBS Type-C 3.2 (Gen. 1) ポート、これはDisplayPortとしても使用することが可能です。また、8K 60Hz信号または4K 120Hz信号まで対応するHDMI 2.1ポート、LANポート、3.5mmオーディオジャックを別途装備しています。

MSI Pulse 15 (B13Vx)の全コンフィギュレーション。

すべてのMSI Pulse 17 (B13Vx)構成。

Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
インライン フィードバック
View all comments