[スペック・情報・価格】HP Spectre x360 16(16f-1000、2022)~HP、競合に試練を与える

HP Spectre x360 16は、有能なAlder Lakeハードウェアと大型ディスプレイを搭載して登場します。Spectreラップトップは通常ずっと小さいですが、より大きな16インチバージョンは、より強力なHシリーズまたはPシリーズプロセッサと新しいIntel Arc A370Mを利用し、最高のゲームGPUではないものの、それは混乱したGPU市場で場所を見つけるのに役立つ他の多くの機能を運びます。

今日はHP Spectre x360 16 (16f-1000、2022)の概要を説明します。

HP Spectre x360 16(16f-1000、2022)」は現在、1,149.99ドルから購入可能です。

HP Spectre x360 16(16f-1000、2022)です。フルスペック

デザイン

Spectreは、全体が金属でできているため、剛性と耐久性に優れています。さらに、この金属はリサイクルされているため、環境に余計な負担をかけることなく、安心してお使いいただけます。また、デザインの象徴ともいえる、角を落としたI/Oのパーツは、ここでも採用されています。16インチとしては重くなく、2.01kg、19.81mmという薄さです。ブラックで統一され、サイドのシルバーとHPのロゴが高級感を演出しています。

ディスプレイ

ディスプレイは、アスペクト比16:10の3K IPSディスプレイを選択。輝度は400nitsで、sRGBカバー率は100%です。2つ目の選択肢には4K UHD+有機ELパネルがあり、輝度は同じ400nitですが、DCI-P3カバー率が100%に向上しています。

仕様と特徴

CPUは12コア16スレッドのCore i7-1260Pのどちらかを選択できます。よりパワーを求めるなら、14コア20スレッドをフルに使い、現在ノートパソコン人気CPUランキングで2位をキープしているCore i7-12700Hが頼もしいです。

グラフィックスについては、内蔵のIris Xe Graphicsが非常に優秀で、多くの重い作業を処理できるのに加え、電力制限50W、GDDR6メモリ4GBのArc A370Mを搭載することができます。このGPUは、その貧弱なドライバのおかげで、ゲームには最適ではありませんが、しかし、多くのハードウェアエンコーディングサポート、Intel Quick Sync、AV1エンコーダサポート(ビデオのためのオープンソースエンコーディングフォーマットである)をもたらすものです。AV1は、オープンソースのビデオエンコードフォーマットで、無料で使用でき、非常に人気のあるx246コーデックよりもはるかに高いデータ圧縮を持つため、ストリーミングやあらゆる種類のビデオの未来と考えられています。

インテル® Arc でのゲームに関する専門記事と、インテル® Arc でテストした 40 種類のゲームはこちらでご覧いただけます。

最後にI/Oは、USB Type-A 3.2(Gen.2)ポート×1、Thunderbolt 4ポート×2、HDMI 2.1ポート、MicroSDカードリーダー、3.5mmオーディオジャックで構成されています。

HP Spectre x360 16(16f-1000、2022)の全構成。

Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments