[ビデオレビュー】Acer Aspire 3 (A315-43) – IdeaPad 3が競争相手になったぞ。



Acer Aspire 3 (A315-43) 徹底レビュー

Today, we're going to return to a time that happened not too long ago. And no, the laptop in for a review is not old, quite the opposite - it is brand new. The case here is that this notebook looks like it is made in 2019. This can only mean one thing - the Aspire 3 (A315-43) is there to appeal to the low-budget spectrum of the market. Perhaps this is why Acer went for Zen 2 refresh processors - enough power, but a significantly more bearable price tag. What will arguably be the biggest game changer, compared to last year (not 2018, but 2021), will be the use of an IPS panel. However, w[...]

長所

  • Simplistic design
  • Decent battery life
  • Good performance
  • Wide upgradability options
  • No PWM (AUO B156HAN02.1 (AUODF87))

短所

  • Not great build quality
  • No Type-C port, nor an SD card reader
  • Uncomfortable keyboard and touchpad
  • 52% of sRGB color coverage (AUO B156HAN02.1 (AUODF87))

Acer Aspire 3 (A315-43) - 仕様

  • AUO B156HAN02.1
  • 色の精度  4.4  3.7
  • HDD/SSD
  • まで 512GB SSD
  • ラム
  • up to 16GB
  • OS
  • No OS, Windows 11 Home, Windows 11 Pro
  • バッテリー
  • 42Wh, 3-cell, 40Wh, 3-cell
  • 本体材質
  • Plastic / Polycarbonate
  • 寸法
  • 363.4 x 250.5 x 19.9 mm (14.31" x 9.86" x 0.78")
  • 重量
  • 1.81 kg (4 lbs)
  • ポートと接続性
  • 1x USB Type-A
  • 2.0
  • 2x USB Type-A
  • 3.2 Gen 1 (5 Gbps)
  • HDMI
  • カードリーダー
  • イーサネット LAN
  • 10, 100, 1000 Mbit/s
  • Wi-Fi
  • 802.11ac
  • ブルートゥース
  • 5.0
  • オーディオジャック
  • 3.5mm Combo Jack
  • 特徴
  • 指紋リーダー
  • 対戦相手
  • HD
  • バックライト付きキーボード
  • optional
  • メモリタイプ
  • スピーカー
  • 2x Stereo Speakers
  • 光学ドライブ
  • セキュリティロックスロット
  • Kensington Lock

Acer Aspire 3 (A315-43)は、単純にそのデザインハードウェアを見れば、ちょっと時代錯誤ですが、その分、価格も安くなっているので、より手頃なデイリードライバーを探している人には、きっとオールドスクールのタッチを楽しめると思います。さて、その理由を見てみましょう。

[Intro]

見た目は、他の格安機と同じようなノートパソコンです。シルバーの仕上げで、デバイス全体はプラスチック製です。しかし、手触りは悪くなく、ある程度の耐屈曲性もあり、求めるものはすべて揃っています。15.6インチのマシンとしては、重さ1.81kg、薄さ19.9mmと、かなり持ち運びやすいのも特徴です。

[Input devices]

蓋は片手で開けられないし、入力デバイスも全く救われようとしない。キートラベルは、もっと余裕があるにもかかわらず短く、フィードバックは全体的に一貫していない。タッチパッドに関しては、滑らかなプラスチックのカバーがあり、サイズも比較的良いのですが、トラッキングが鈍く感じられます。

[Ports]

ほとんどのポートが左側にあり、LANポート、HDMIポート、フルサイズの5ギガビットUSBポートが2つあります。右側には、さらにフルサイズのUSB 2.0ポートが1つ、オーディオジャックがあります。

[Display]

ディスプレイは特別なものではありませんが、しかし、仕事をこなすことができます。フルHDのIPSパネルは視野角がよく、最大278nitsの明るさを得ることができます。sRGBの色域は52%程度で、目立った色再現性は見られません。しかし、輝度調整にPWMを使用していないため、目に負担をかけることなく一日中使用することができます。ただし、画面の露出を記録し、20分または30分ごとに1分間の休憩を取る必要があります。

ノートPCをオフィスで使用する予定がある場合、何も問題はありませんが、テキストやテーブルをより読みやすくする、私たちのOffice Workプロファイルをお勧めします。私たちは、以下の説明で私たちのプロファイルへのリンクを残しておきます。

[Battery]

42Whの小さなバッテリーパックにもかかわらず、Aspire 3はウェブブラウジングで10時間、ビデオ再生で8時間44分と、非常に優れた結果を示しています。

[Performance]

これは、Ryzen 5000Uシリーズの一部である効率的なZen 2 CPUのためです。基本的に、AMDは古いチップのいくつかをリフレッシュし、ブランドを変更しました。これは、強力なコンポーネントをお得な価格で手に入れることができるため、あなたにとって良いニュースです。Ryzen 5 5500Uは、Core i3-1215UとCore i5-1235Uに対してかなり有利に働いています。

[Cooling]

Ryzen 5は冷却もかなり容易なので、堅牢なセットアップは本当に必要ありません。これは、軽量化と騒音の低減を意味します。ここでは、2本のヒートパイプと1つのファンを見ています。これにより、このノートパソコンは、3.00GHz以上のクロックスピードで、チップにかかる負荷を一貫して20Wに維持しています。

外見上、ノートPCは涼しく静かで、ホットスポットはわずか33.6℃です。ファンの音は聞こえますが、まったく気にならない程度です。

[Teardown and upgradeability]

Aspire 3は、8GBのハンダ付けDDR4メモリと、空のSODIMMスロットを備えています。ストレージには、Gen 3 SSD用のM.2スロットを1つ搭載しています。

アップグレードの手順を紹介したティアダウンビデオを別途用意していますので、ご覧になりたい方は、説明文に記載しておきますね。

[Verdict]

Acer Aspire 3 (A315-43) は、いくつかの犠牲を払っていますが、かなり良いビルド品質、パフォーマンス、およびバッテリー寿命は、かなり良い救いの手として機能します。とはいえ、キーボードとタッチパッドは改善される可能性があります。また、メモリやストレージを追加することもできるので、予算は少ないが性能の良いデバイスが必要な場合は、間違いなく検討すべき製品です。

Aspire 3の詳細については、以下のリンクにあるレビューをご覧ください。このレビューでは、画面に関する特別なテストや、詳細な仕様、構成オプションを紹介しています。

サブスクライブ
通知する
guest
0 Comments
インライン フィードバック
View all comments