Lenovo Legion R45w-30のレビュー:ゲーマー向けスクリーン


レノボはLegion R45w-30で全力を尽くしており、サムスンOdyssey G9に対抗し、それに代わる素晴らしい製品を提供しようとしている。Odyssey G9は、多くの画面スペースを必要とする生産性の高い消費者向けの、数少ない主流のウルトラワイド・ソリューションだ。しかし、レギオンのブランド名を見れば、すぐにゲームが頭に浮かぶだろう。

Yes, this monitor is an all-purpose beast, being able to handle both intensive productivity workloads, as well as do fantastic in games.ーLegion ブランドはー

ーLaptopMediaである我々はー我々はー。Legionブランドは、もはやゲーム専用ではなく、むしろ強力なゲーミング・コンポーネントのミックスであり、どんなプロフェッショナルにとっても脅威的なツールとなるよう、1、2回の微調整を経ている。

ー本日のーモニターはー 44.5インチフレームにーにーQHD解像度のー湾曲IPSパネル。ー165Hzでー、ー170ーHz。ー165Hz、ー170ー170ーHzのー。

アダプティブ・シンクや FreeSyncプレミアム・プロもあり、HDRをサポートするほか、ピクチャー・イン・ピクチャーや ピクチャー・バイ・ピクチャーなど、超ワイド画面に適したユニークな機能も多数搭載されている。独立したKVMショートカットは、ソフトウェア開発者や愛好家にとって特に重要で、通常のデスクトップと同じ感覚で仮想マシンを立ち上げ、独立したスペースを与えることができる。

ー本日はーLenovo Legion R45w-30のー30をーLMラボにーにー

ーLenovo Legion R45w-30のー30のー30のー30年12月31日現在(ーLenovo Legion R45w-30のー30年12月31日Buy from Amazon.co.jp (#CommissionsEarned)

Contents

スペック表, 箱の中身, ドライバー, デザイン, 接続性

画面サイズ44.5インチ(60.96cm)
リフレッシュレート165Hz(170Hzまでオーバークロック可能)
応答時間1ms MPRT
パネルタイプVA
バックライトLED
スクリーン仕上げマット
解像度5120 x 1440 (ダブルQuadHD)
テクノロジー
  • カーブ1500R
  • コントラスト比: 3 000:1 (静的); 3 000 000:1 (動的)
  • 明るさ450cd/m²(標準);500cd/m²(ピーク)
  • ピクセル密度: 0.2331 x 0.2331 mm
  • 視野角H/V° 178/178
  • 高さ調整0-135 mm
  • チルト:-5~22
  • スイベル-30~30
  • VESAマウント100×100
  • 寸法(スタンド含む)1089.9 x 341.1 x 528.4 mm
  • 消費電力(アイドル時)34W
  • 消費電力(最大)165W
  • 消費電力(スタンバイ)0.50W
  • 内蔵スピーカー: 2x 3W
I/O
  • 2x HDMI 2.1
  • 1x DisplayPort 1.4
  • 1x オーディオジャック
  • 1x USB Type-C 3.2 Gen. 1(DP 1.4および32.4 Gbps対応)
  • 1x USB Type-B 3.2 Gen.1 アップストリームポート
  • 3x USB Type-A 3.2 Gen. 1 ダウンストリーム
  • 1x RJ-45ポート

箱の中身

ドライバーとソフトウェア

すべてのドライバとユーティリティは、モニターの公式サポートページからダウンロードできます。

OSDメニュー

デザインと接続性

モニターのデザインはフルブラックの外装で、スタンドのベースは中空で三角形のサブ構造になっており、安定性と耐久性に優れている。モニターのサイズが大きいにもかかわらず、スタンドは頑丈で、大量の移動と調整を提供することができます。135mmの高さ調整が内蔵されているだけでなく、チルトとスイベルの動きは、あなたとあなたのセットアップのための人間工学的で快適なモニターを作るために追加の調整オプションを提供します。

外観はかなり控えめなデザインで、ゲーミングを意識したデザインはあまりない。背面にはシンプルなレノボのロゴと、OSDメニューにアクセスするための青いボタンがある:

  • メインOSDキーの下のボタンはKVMメニューを開き、長押しと5秒間のホールドでゲームモード設定を開きます。
  • 2番目のボタンは入力ソースで、モニターに表示する入力を選択します。
  • 最後のボタンは電源ボタンです。

ポートに関しては、背面にはたくさんのものがある。HDMI 2.1ポートが2つあるが、これは実際にはTMDSバージョンで、実質的にはHDMI 2.0の速度を実現する。

DisplayPort 1.4と USB Type-C 3.2 Gen 1ポートもあり、DisplayPort入力にも使用できる。接続用にはRJ-45ポートがあり、LANポートがないノートパソコンでも有線接続が可能です。

さらにUSB 3.2 Gen.1ポートが4つあり、Type-Aポートが3つType-Bポートが1つある。オーディオジャックも忘れてはならない。


サブスクライブ
通知する
guest
2 Comments
インライン フィードバック
View all comments
geoff
geoff
1 月 前

THANK YOU! Now this is a review. It’s great to see you added testing for pixel response times, PWM, and min/max brightness.

Apologies if I was a bit harsh before. You were right, the bar was previously set pretty high with your laptop reviews.

Simeon Nikolov
Admin
1 月 前
返信  geoff

Thanks to you too, Geoff. You’ve probably noticed that we stopped naming the shorter articles “reviews.” 🙂 We still don’t have the workforce to test all the monitors as thoroughly as this one, but we’ll surely do so if we have the chance in the future.