[速報】Apple M2 Max vs Intel Core i9-12900H~絶対的な重要性

Appleは、強力なハードウェアの点で、かなり良い競争相手になりつつあります。人気のあるGeekbenchベンチマークでは、M2 Maxが演算性能とグラフィックス性能の両方で印象的な数値を記録しているからです。今日は、Core i9-12900Hを参加させ、M2 Maxとどのように対決するかを見ていきます。もちろん、Intel はすでに第 13 世代の Raptor Lake プロセッサーを発表していますが、M2 Max が 2023 年の最も強力な CPU でないことが判明しても、他のすべての人をハラハラさせるだけの競争力があればいいのです。

これらの結果は私たち独自のものではありませんので、完全に信用しない方が良いことを心に留めておいてください。新しいMacBookをレビュー用に入手でき次第、私たち独自のテストとベンチマークで更新します。

両SoCの詳細はこちらでご覧いただけます。Apple M2 Max/Intel Core i9-12900H

スペックシート

Apple M2 Max インテル Core i9-12900H
アーキテクチャ アバランス/ブリザード Alder Lake-H
コア数/スレッド数 12/12 14/20
クロック速度 – ベース/ブースト 2.42 – 3.50GHz 1.80 – 5.00GHz
キャッシュ 40MB 24MB
リソグラフィー 5nm 10nm
TDP 20W 45W
メモリ種類
LPDDR5-6400
DDR5-4800、LPDDR5-5200、DDR4-3200、LPDDR4x-4267
統合GPU Apple M2 Max GPU インテル Iris Xe グラフィックス G7 (96EU)

パフォーマンス

CPUベンチマーク

Geekbench 5では、シングルコア、マルチコアともにM2 Maxが8%、13%高いスコアで快適に動作しています。

Geekbench 5 シングルコア マルチコア
Apple M2 Max 1970(+8%) 15338(+13%)
インテル Core i9-12900H 1826 13615

さて、ここからはよりヘビーな内容に移っていく。Cinebench R23では、シングルコアのベンチマークでM2 MaxはCore i9よりもまだ3%高いスコアを出しています。しかし、コアごとの性能ではAppleがやや有利ですが、マルチコアではCore i9の14コアが29%も高い性能を発揮しており、状況は一変します。

Cinebench R23 シングルコア マルチコア
Apple M2 Max 1970(+3%) 15338
インテル Core i9-12900H 1917 19831(+29%)

GPUベンチマーク

OpenCLフレームワークを使ったベンチマークでは、M2 Maxが271%高いスコアとなり、キラーとなっている。

ギークベンチ 5 OpenCL
Apple M2 Max 73167(+271%)
Core i9-12900H – Iris Xe グラフィックス G7 (96EU) 19696

結論

M2 Maxは、Core i9-12900Hと互角に渡り合い、大幅な性能アップを果たしたが、これは決して容易なことではない。また、Appleが競争力のあるソリューションを作ったGPUサイズの象に対処しなければならない。統合型グラフィックスよりも強力で、RTX 3060を下回るレベルのパフォーマンスを発揮し、NVIDIA GPUを約13%引き離しています。GPUの比較はこちらでご覧いただけます。

Apple M2 Maxを搭載したすべてのノートパソコン。

インテル Core i9-12900Hを搭載したすべてのノートパソコン。

Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
インライン フィードバック
View all comments