Lenovo ThinkPad L13 Yoga Gen 4 (Intel)の開け方 – 分解とアップグレードオプション

ステップ1:内部コンポーネントへのアクセス

  1. Lenovo ThinkPad L13 Yoga Gen 4 (Intel)の電源がオフになっていることを確認し、傷や破損を防ぐため、柔らかく清潔な場所に置きます。
  2. ノートパソコンの底面にある8つのプラスネジを取り外してください。これらのネジは底面パネルに固定されているため、紛失のリスクを最小限に抑えることができます。
  3. 薄いプラスチック製の工具を使って、ノートパソコンの背面から底面パネルをこじります。この作業では、ペンをハウジングから取り外す必要はありません。前面からこじ開けるのは避け、カチッと音がするまでパネルを傾けるだけで、ベースからパネルを持ち上げても安全であることを示します。

ヒント:内部のクリップや筐体を傷つけないよう、この作業中は優しく行ってください。

ステップ2:バッテリーの取り外し

  1. マザーボードからバッテリーのコネクターを外し、バッテリーを取り外します。
  2. バッテリーをベースに固定している4つのプラスネジを外し、46Whバッテリーを持ち上げます。

注意してください:バッテリーとコネクターの取り扱いには十分注意してください。

詳細46Whバッテリーは、ウェブブラウジングで最大14時間17分、ビデオ再生で最大10時間。

メモリーのアップグレード

  1. このデバイスには32GBのLPDDR5-4800MHzメモリがハンダ付けされているが、これは6400MHzの定格であるにもかかわらず、プラットフォームの制限により4800MHzで動作する。

詳細はこちら:メモリはハンダ付けされているためアップグレードできませんが、32GBの高速RAMは、ほとんどのプロフェッショナルなニーズやマルチタスクのニーズには十分です。

ストレージのアップグレード

  1. マザーボード上の2242 Gen 4 SSD用シングルM.2スロットを確認してください。
  2. Gen 4 SSDでストレージをアップグレードまたは拡張して、ノートPCのストレージ容量とパフォーマンスを強化しましょう。
  3. NVMeは、冷却用のサーマルパッドが内側に装備された金属製シュラウドで保護され、SSDの下にも追加のパッドが配置されています。

Gen 4 M.2 SSDモジュールはここで購入できます:Buy from Amazon.co.jp (#CommissionsEarned)

ステップ3:冷却システムの検査

  1. 冷却システムは、1つのファン、ヒートシンク、1つのヒートパイプ、ヒートスプレッダで構成され、ノートパソコンの熱出力を効率的に管理するように設計されています。

詳細はこちら:冷却システムはシンプルですが、集中的な作業中にノートパソコンが最適なパフォーマンスを維持できるよう、効果的に構成されています。

サブスクライブ
通知する
guest
0 Comments
インライン フィードバック
View all comments