[動画レビュー】ASUS Vivobook Pro 16X OLED M7600 ~常用バッテリーを搭載した充実のパッケージング



ASUS Vivobook Pro 16X OLED (M7600, AMD Ryzen 6000 Series) 徹底レビュー

As you may know, the Vivobook is one of the most populous subbrands on the market. It comes in all kinds of shapes and form-factors. However, one of its most interesting iterations is the Vivobook Pro 16X OLED (M7600).The models, which have an "M" before the final four numbers, come with AMD processors. In our case, the machine is fitted with Ryzen 6000H CPUs, which are among the most powerful options on the market right now.In addition to that, ASUS gives you a 65W NVIDIA RTX 3050 Ti graphics card with Studio drivers. Ultimately, this means you can use the device for professional wor[...]

長所

  • Fantastic battery life
  • Strong aluminum chassis
  • 100% sRGB and DCI-P3 coverage + HDR support
  • High resolution and 16:10 aspect ratio + fast pixel response times
  • Deep blacks and virtually infinite contrast ratio
  • DialPad + fingerprint reader
  • USB4 + MicroSD card slot

短所

  • Uses PWM below 110 nits (fixed by the My ASUS app)
  • 2 out of 3 USB Type-A ports run at 2.0 speeds
  • Soldered memory

ASUS Vivobook Pro 16X OLED (M7600, AMD Ryzen 6000 Series) - 仕様

  • Samsung ATNA60YV02-0 (SDC415D)
  • 色の精度  4.0  3.6
  • HDD/SSD
  • まで 4000GB SSD
  • ラム
  • up to 32GB
  • OS
  • Windows 11 Pro, Windows 11 Home
  • バッテリー
  • 96Wh, 6-cell
  • 本体材質
  • Aluminum
  • 寸法
  • 360.5 x 259 x 18.9 mm (14.19" x 10.20" x 0.74")
  • 重量
  • 1.95 kg (4.3 lbs)
  • ポートと接続性
  • 2x USB Type-A
  • 2.0
  • 1x USB Type-A
  • 3.2 Gen 1 (5 Gbps)
  • 1x USB Type-C
  • 4.0, Power Delivery (PD), DisplayPort
  • HDMI
  • 2.1
  • カードリーダー
  • MicroSD
  • イーサネット LAN
  • Wi-Fi
  • 802.11ax
  • ブルートゥース
  • 5.0
  • オーディオジャック
  • 3.5mm Combo Jack
  • 特徴
  • 指紋リーダー
  • 対戦相手
  • HD with privacy shutter
  • バックライト付きキーボード
  • メモリタイプ
  • Array Microphone with Cortana and Alexa voice rec.
  • スピーカー
  • Speakers System, Harman/Kardon
  • 光学ドライブ
  • セキュリティロックスロット

All ASUS Vivobook Pro 16X OLED (M7600, AMD Ryzen 6000 Series) コンフィグレーション

#CommissionsEarned

次のモバイルワークステーションは、性能と携帯性のどちらかを選ぶことに疲れていませんか?これ以上探す必要はありません。Vivobook Pro 16X OLEDは、AMDとRyzen 6000Hプロセッサーのおかげで、ここでも輝きを放っています。これは完璧なCreatorノートパソコンになるでしょうか?その答えは、私たちの目で確かめてください。

[Intro]

ノートPCは金属製で、カラーはアルマイト仕上げの0°BlackとMeteor Whiteの2色が用意されています。ASUSとVivobookのブランドを冠したエンボス加工されたプレートがあります。18.9mmという薄さにもかかわらず、耐久性は十分です。重量は1.95kgに抑えられています。

[Input devices]

ノートPCの蓋は片手で簡単に開くことができ、有機ELパネル周辺の薄いベゼル、そして底面が見えるようになっています。上部のベゼルにはプライバシーシャッター付きのウェブカメラがあり、AIノイズキャンセリング機能付きのマイクも搭載されているので、会議中に最高のサウンドを楽しむことができます。

ベースとなるキーボードには、オレンジ色のエスケープキーと、左右にグレーのボタンが配置され、カラフルです。キーは触感に優れ、長いキートラベルとクリック感のあるフィードバックで、一日中、そして一晩中タイプすることができます。また、イルミネーションも搭載しています。DialPadは、OS本体やAdobeスイートなど多くのサードパーティソフトウェアと統合されており、より興味深いものとなっています。タッチパッドの一部で、物理的に回転するダイヤルを模倣することができ、しかもベース上に余分なスペースを取りません。ブラシを切り替えたり、ビデオ編集のタイムラインをスクロールしたりするときに、キーボードショートカットよりも速く操作できるので、非常に便利です。パッドは非常にスムーズで、クリック感のある機構と正確なトラッキングを実現しています。また、前世代よりも52%大きくなっているのも嬉しいところです。

電源ボタン内に指紋認証リーダーを搭載し、ログインのスピードアップを図り、すぐに編集作業に取り掛かれるようにしたのも見逃せません。

[Ports]

側面には、フルサイズのUSB2.0ポート×2、フルサイズのUSB5ギガビットポート×1、最大8K 60fps出力対応のHDMI2.1ポート、USB4 Type-Cポート×1、MicroSDカードリーダー、オーディオジャックと、多くのポートが出迎えてくれます。

[Display]

主役はアスペクト比16:10の16型4K有機ELパネルです。400nitの輝度を持ち、DCI-P3カバー率100%を示しているので、クリエイターワークに関してはカバーできます。パントンの検証により、パネルの精度は非常に高いです。ゲーミングノートPCではないにもかかわらず、このディスプレイは応答速度2msを実現し、ブルーライトの使用量は他社製品より最大70%少なくなっています。

当社のDesign and Gamingプロファイルはさらに色を改善し、DCI-P3色空間でデルタE値1.5、ホワイトポイントD65を実現しています。また、PWMが110nitまで使用されていますが、当社のHealth-Guardプロファイルを使用すれば、簡単に防ぐことができます。動画の説明の中で、すべてのプロファイルをリンクしておきます。

[Sound]

この高画質ディスプレイには、周波数偏差のないクリアな音声を提供するHaman/Kardonのスピーカーセットアップが付属しており、映画ファンの方にも可能な限りご満足いただけるようになっています。

[Battery]

96Whの大容量バッテリーを搭載しているため、充電器なしで12時間以上の映画鑑賞が可能です。ウェブブラウジングのテストでは、16時間29分というさらに長い駆動時間を示しました。これは、パワフルなRyzen 9 6900HXと組み合わせた場合です。

[Performance]

Ryzen 9の性能は素晴らしく、Core i7-12700HやCore i7-1280Pに近いか、それに匹敵するものです。グラフィックスについては、65Wを上限とするRTX 3050 Tiに依存することになります。クリエイターの仕事には最適で、ビデオレンダリングやその他の重い作業負荷に対して優れたハードウェアアクセラレーションを提供します。

[Cooling]

ハードウェアを冷却するのは、2本のパイプと2つのファンを備えたIceCool Plusのセットアップの仕事です。これは実にうまく、Ryzen 9 6900HXを高クロックと問題ない温度で、ベースTDPの45Wをはるかに上回る状態に保っています。

GPUは65WのTGPに達していませんが、動画レンダリングのような長時間の負荷では86℃と少し熱くなっています。しかし、内部で何が起こっているのかにもかかわらず、ホットスポットの測定値がわずか42℃であるため、ベースではそれを実感することができません。ファンの音も大きくなりますが、まだ我慢できるレベルです。

[Teardown and upgradeability]

Vivobookは、最大32GBのLPDDR5 RAMを搭載できるハンダ付けメモリを搭載しています。ストレージ面では、Gen 3またはGen 4 SSD用のM.2スロットが1つ用意されています。

下の説明にティアダウン動画を置いておきますので、アップグレード作業の様子を確認してみてください。

[Verdict]

Vivobook Pro 16X OLEDは、パワフルなハードウェアと洗練されたエレガントな外観を兼ね備えています。デスクトップを持つのと同じくらい便利ですが、長持ちするバッテリーを搭載しているので、好きな場所で好きなだけ仕事ができます。これが、性能と効率の完璧なバランスなのでしょう。

当サイトでは、Vivobookをさらに詳しく検証し、競合機種との比較も行っていますので、自分に合ったノートPCかどうか、正確に判断することができます。

サブスクライブ
通知する
guest
0 Comments
インライン フィードバック
View all comments