HP Pavilion Plus 14 (14-eh0000)レビュー

HPは、ライバルの急峻な開発曲線に追いつくために、やるべきことがたくさんあります。彼らの最新の努力は、Pavilion Plus 14 (14-eh0000)と呼ばれています。これは、16:10のアスペクト比を備えており、かなり多くの種類の作業で本当に便利です。その反面、メディアを楽しむにはやや不向きで、このノートブックに期待するところは大きい。

HPは、Lenovoが「プロ」IdeaPadで行っているように、Pavilionをプロフェッショナルなユーザーに向けてより親しみやすいものにしたいと考えているようです。これが、奇妙なプロセッサーポットの理由です。15W Uシリーズ、28W Pシリーズ、45W Hシリーズから選択することができます。プロセッサーの種類に関係なく、同じ冷却ソリューションが得られるかどうかはわかりません。

とはいえ、専用GPUが用意されているのも嬉しいところ。NVIDIA GeForce RTX 2050が、通常のMX550の横に搭載されているのも驚きです。

価格と構成は、スペックシステムで確認できます。 https://laptopmedia.com/series/hp-pavilion-plus-14-14-eh0000/

Contents

スペックシート

HP Pavilion Plus 14 (14-eh0000) - 仕様

  • IVO8C8D
  • 色の精度  5.2  1.5
  • HDD/SSD
  • まで 1000GB SSD
  • RAM
  • up to 16GB
  • OS
  • Windows 11 Home, Windows 11 Pro, No OS
  • バッテリー
  • 51Wh, 3-cell
  • 本体材質
  • Aluminum
  • 寸法
  • 313.5 x 224.2 x 18.4 mm (12.34" x 8.83" x 0.72")
  • 重量
  • 1.40 kg (3.1 lbs)
  • ポートと接続性
  • 2x USB Type-A
  • 3.2 Gen 1 (5 Gbps)
  • 2x USB Type-C
  • 3.2 Gen 2 (10 Gbps), Power Delivery (PD), DisplayPort, Sleep and Charge
  • HDMI
  • 2.0
  • カードリーダー
  • SD, SDHC, SDXC
  • Ethernet LAN
  • Wi-Fi
  • 802.11ax
  • Bluetooth
  • 5.2
  • オーディオジャック
  • 3.5mm Combo Jack
  • 特徴
  • 指紋リーダー
  • optional
  • 対戦相手
  • HP True Vision 5MP with temporal noise reduction
  • バックライト付きキーボード
  • メモリタイプ
  • Dual Array Digital Microphones
  • スピーカー
  • 2x Speakers with Bang & Olufsen
  • 光学ドライブ
  • セキュリティロックスロット

箱の中身

パッケージの中には、いくつかの書類と、65Wまたは90Wの定格でUSB Type-Cで動作する電源アダプターが含まれています。

デザインと構造

HPは、サステナビリティの時流に乗った最新のブランドです。同社によると、Pavilion Plus 14は、リサイクルアルミニウムを含む、同社初の14インチPavilionである。そして、このデバイスは、すべての金属製のビルドを持っていることを心に留めておいてください。

重量は1.40kg、外形寸法は18.4mmと、そのパワーを考えるとかなりいい感じです。一方で、蓋の部分はかなりたわみますし、底面をひねるとタッチパッドのクリックが登録されてしまうということも知っておかなければなりません。

ありがたいことに、蓋は片手で開けることができます。蓋を開けると、薄いサイドベゼルと、5MPウェブカメラを搭載したトップベゼルが現れます。面白いことに、蓋の下部にはゴム足があり、最大に開くとノートパソコンの裏側がそっと持ち上がるようになっています。これはかなり奇妙なことで、あまり便利ではありません。

次にベースです。Envyシリーズを彷彿とさせるようなデザインが特徴です。キーボードはバックライト付きで、クリック感のあるフィードバックでかなり長いキートラベルを実現しています。ご覧の通り、電源ボタンはまたしても変なところに配置されています。それでも、恥ずかしい閲覧履歴を削除する際に、誤ってノートパソコンをシャットダウンしてしまわないように、1回押しでのキャンセル機能を備えています。

もう少し下に移動すると、タッチパッドが見えてきます。正直なところ、これだけ大きなものは久しぶりです(本人談)。かなり正確に動くし、滑りも割とスムーズで、満足できるものでした。

Pavilion Plus 14でもうひとつ大きいのは、換気グリルです。2つのスピーカーカットと底面を共有し、蓋と底面の間にある通気口から熱気を排出している。

ポート

左側面には、オーディオジャック、USB Type-A 3.2(Gen.1)ポート、MicroSDカードスロットが配置されています。そして右側には、もう一つのUSB Type-A 3.2(Gen.1)ポート、HDMI 2.0コネクター、USB Type-C 3.2(Gen.2)ポートが2つ並んでいます。いずれも充電やデータ転送、DisplayPort 1.4出力に利用できる。

分解、アップグレードオプション、メンテナンス

このノートパソコンを分解するのは、予想以上に簡単です。外すのは4本のプラスネジだけです。そして、ヒンジの隙間から底板をこじ開けます。

中には、51Whのバッテリーパックが入っています。Webブラウジングで7時間30分、ビデオ再生で約6時間使用できました。筐体から取り外すには、コネクタを抜き、5本のプラスネジを外す必要があります。

ここで、メモリはマザーボードにはんだ付けされます。3200MHzで動作するDDR4 RAMを最大16GB搭載することができます。ストレージに関しては、M.2 PCIe x4スロットが1つあり、Gen4 SSDを搭載することができます。

冷却は、CPUとGPUの間で共有される2本の非常に長いヒートパイプで構成されています。これらは大型のヒートシンクに接続され、2つのファンによって熱を放散させます。VRMとグラフィックメモリも、2つのヒートスプレッダで冷却されます。

ディスプレイ品質

HP Pavilion Plus 14 (14-eh0000) は、フルHD IPSスクリーン、モデル番号IVO8C8Dを搭載しています。その対角線は 14″ (35.6 cm), 解像度 – 2240 x 1400, 色深度は 8 ビット/チャネルです。また、画面比率は16:10、画素密度 – 189 ppi、ピッチ – 0.13 x 0.13 mmです。この画面は、少なくとも46cmの距離から見たときにRetinaとみなされます(この距離からは、平均的な人間の目は個々のピクセルを見ることはできません)。

快適な視野角を実現しています。品質評価のため、45度での画像を提供しています。

また、ピントと露出を固定した動画も。

輝度の最大測定値は画面中央で357nits(cd/m2)、面全体で平均354nits(cd/m2)、最大偏差は5%である。白画面、最大輝度時の相関色温度は6140K(平均)で、sRGBの最適値6500Kよりやや暖色系。
下図は、ユニフォミティの観点から見たディスプレイの性能を示しています。下図は、動作時の輝度レベル(約140nits)、この場合は輝度68%(白レベル=141cd/m2、黒レベル=0.07cd/m2)において、どのような状態にあるかを示しています。
4.0 以上の dE2000 の値は発生してはならない、このパラメーターは、色に敏感な作業用ラップトップを使用する場合は、最初に確認する必要があります (最大許容値 2.0).コントラスト比は非常に良好です – 1940:1.

念のため、sRGBの色域とAdobe RGBについて少し紹介したいと思います。まず、人間の目で見える色のスペクトルを表した「CIE1976統一色度図」があり、色域の広さや色の正確さをより認識することができる。

黒い三角形の内側には、HDTVやWebで何百万人もの人が使っている標準色域(sRGB)が表示されます。Adobe RGBについては、これはプロ用のカメラやモニターなどで印刷に使われています。基本的に、黒い三角形の内側の色は誰もが使うもので、これが主流のノートPCの色品質と色精度に欠かせない部分です。

それでも、映画スタジオで使われている有名なDCI-P3規格や、デジタルUHDのRec.2020規格など、他の色空間も入れています。ただし、Rec.2020はまだ未来の話であり、現在のディスプレイでそれをうまくカバーするのは難しいです。また、いわゆるマイケル・ポインターの色域(ポインターの色域)と呼ばれる、私たちの身の回りで毎日自然に発生する色を表現する色域も収録しています。

黄色の点線は、HP Pavilion Plus 14(14-eh0000)の色域カバー率を示しています。

CIE1976のsRGB/ITU-R BT.709(Web/HDTV規格)を93%カバーするディスプレイです。

Design and Gaming」プロファイルにより、輝度140cd/m2、sRGBガンマモードで最適な色温度(6500K)を実現します。

人間の肌の明暗、青空、芝生の緑、オレンジなど、一般的に使用される24色でディスプレイの精度をテストしました。工場出荷時の状態と、「Design and Gaming」プロファイルを適用した状態での結果をご確認いただけます。

以下、HP Pavilion Plus 14 (14-eh0000)のスコアを、デフォルト設定(左)、「ゲームとウェブデザイン」プロファイル(右)で比較しています。

次の図は、暗い場所での映画鑑賞やゲームに欠かせない、画像の暗部再現性を示しています。

画像の左側は純正設定、右側は「Gaming and Web Design」プロファイルを有効にしたディスプレイを表しています。横軸はグレースケール、縦軸はディスプレイの輝度です。下の2つのグラフで、お使いのディスプレイが最も暗いニュアンスをどのように処理するかを簡単に確認できますが、これは現在のディスプレイの設定、キャリブレーション、視野角、周囲の光の状態にも依存することを念頭に置いておいてください。

応答速度(ゲーミング性能)

通常の「黒から白」「白から黒」の方法で、10%から90%まで、またはその逆で画素の反応時間をテストします。

Fall Time + Rise Time =20msを記録しました。

その後、通常の「Gray-to-Gray」方式で、振幅の10%から90%の間で、50% Whiteから80% Whiteまで、またその逆で、画素の反応時間をテストする。

健康への影響 – PWM / ブルーライト

PWM (画面のちらつき)

PWM(パルス幅変調)は、モニターの輝度を簡単にコントロールする方法です。輝度を下げると、バックライトの光量が下がるのではなく、電子回路によって人間の目には区別できない周波数でオフとオンが繰り返されます。この光のインパルスでは、明るさは変わらないのに光と無光の時間比が変化し、目に有害なのです。それについては、PWMの専門記事で詳しく解説しています。

HP Pavilion Plus 14(14-eh0000)のバックライトは、どの時点でも輝度調整にPWMを使用していません。そのため、長時間の使用でも快適です。

ブルーライトの放出

当社のHealth-Guardプロファイルをインストールすると、PWMを排除するだけでなく、画面の色を知覚的に正確に保ちながら、有害なブルーライトの放射を低減することができます。ブルーライトについてよくご存じない方のために簡単に説明すると、目や肌、体全体に悪影響を及ぼす発光です。ブルーライトの詳細については、ブルーライトに関する専門記事をご覧ください。

光沢度測定

光沢処理を施したディスプレイは、環境光が強い条件下では不都合な場合があります。ここでは、それぞれのノートパソコンについて、ディスプレイをオフにし、測定角度を60°にしたときの画面への反射レベルを示しています(この場合、結果は54.1GUです)。

プロファイルを購入する

当社のプロファイルは個々のディスプレイモデルに合わせて調整されているため、この記事とそれぞれのプロファイルパッケージは、14.0″ IVO8C8D (2240 x 1400) IPS を搭載した HP Pavilion Plus 14 (14-eh0000) 構成のためのものです。

*購入したファイルのダウンロードに問題がある場合は、電子メールで送信されるリンクを別のブラウザで開いてみてください。ダウンロード先がアーカイブではなく、.phpファイルになっている場合は、ファイルの拡張子を.zipに変更するか、[email protected] までご連絡ください。

プロファイルの詳細については、こちらをご覧ください。

ここでは、すべてのCPUに搭載されているCPUの価格/性能差を確認することができます。

オフィスワーク

オフィスワークは、ほとんどの時間をテキストや表を見たり、ただネットサーフィンをしたりしているユーザーが使用するべきです。このプロファイルは、フラットなガンマカーブ(2.20)、ネイティブな色温度、知覚的に正確な色を維持することで、より鮮明で明瞭な色を提供することを目指しています。

デザインとゲーム

このプロファイルは、色を専門的に扱うデザイナーに向けたもので、ゲームや映画でも使用されています。Design and Gamingは、ディスプレイパネルを限界まで引き出し、WebやHDTV用のsRGB IEC61966-2-1規格の白点D65で可能な限り正確な色を実現しています。

ヘルスガード

ヘルスガードは、有害なパルス幅変調(PWM)を除去し、私たちの目や体に影響を与えるネガティブブルーライトを低減します。それはすべてのパネルのためにカスタマイズされているので、それは知覚的に正確な色を維持するために管理します。ヘルスガードは紙をシミュレートするので、目への圧力が大幅に軽減されます。

Get all 3 profiles with 33% discount

サウンド

HP Pavilion Plus 14 (14-eh0000)のスピーカーは、非常に質の高いサウンドを生み出します。さらに、低音、中音、高音にズレがない。

ドライバ

このノートパソコン用のすべてのドライバとユーティリティは、ここで見つけることができます。 https://support.hp.com/us-en/drivers/selfservice/hp-pavilion-plus-14-inch-laptop-pc-14-eh0000/2101085798

バッテリー

Windowsのパフォーマンス向上設定をオンにし、画面の輝度を120nitに調整し、テストするプログラム以外はすべてオフにした状態で、バッテリーテストを実施しました。本機は、51Whのバッテリーパックを搭載しています。Web閲覧で7時間34分、動画再生で5時間43分持続します。

CPUオプション

UシリーズのCore i5-1235U、Core i7-1255U、PシリーズのCore i5-1240P、HシリーズのCore i5-12500H、Core i7-12700Hと、多彩なプロセッサーが用意されているのも特徴です。

GPUオプション

グラフィックスオプションは、GeForce MX550(2GB GDDR6)、RTX 2050(4GB GDDR6)を用意しました。

ゲーミングテスト

cs-go-benchmarks

CS:GO HD 1080p, 低(設定確認) HD 1080p, Medium(設定確認) HD 1080p, MAX(設定確認)
平均 FPS 213 fps 192 fps 140 fps

DOTA 2 HD 1080p、低(設定確認) HD 1080p、標準設定を確認する) HD 1080p、高設定確認)
平均FPS 140 fps 104 fps 102 fps

温度と快適性

CPU最大負荷

このテストでは、CPUコアを100%使用し、その周波数とチップ温度を監視しています。最初の列は短い負荷に対するコンピュータの反応を示し(2~10秒)、2番目の列は本格的なタスク(15~30秒)をシミュレートし、3番目の列はビデオレンダリングなどの長い負荷に対してノートパソコンがどれだけ優れているかを示す良い指標となるものです。

平均Pコア周波数; 平均Eコア周波数; CPU温度; パッケージパワー

インテル Core i5-1235U (15W TDP) 0:02〜0:10秒 0:15〜0:30秒 10:00〜15:00分
HP Pavilion Plus 14 (14-eh0000) 2.85 GHz @ 2.43 GHz @ 77°C @ 39W 2.34GHz @ 2.10GHz @ 75°C @ 29W 1.84GHz @ 1.79GHz @ 65°C @ 20W
レノボ IdeaPad 5 (15インチ、2022年) 3.60GHz @ 3.08GHz @ 73°C @ 55W 3.44GHz @ 2.95GHz @ 88°C @ 51W 2.80GHz @ 2.49GHz @ 69°C @ 35W
レノボ ThinkPad L14 Gen 3 3.20GHz @ 2.77GHz @ 83°C @ 44W 3.10 GHz @ 2.71 GHz @ 94°C @ 43W 1.89GHz @ 1.95GHz @ 72°C @ 20W
日本エイサー Aspire Vero (AV14-51) 3.63GHz @ 2.87GHz @ 84°C @ 55W 2.73GHz @ 2.36GHz @ 81°C @ 33W 2.49GHz @ 2.23GHz @ 79°C @ 28W
MSI Modern 14 (C12M) 3.17GHz @ 2.69GHz @ 77°C @ 45W 3.10 GHz @ 2.61 GHz @ 81°C @ 45W 2.69GHz @ 2.45GHz @ 78°C @ 35W
デルの緯度15 5530 3.57 GHz @ 3.02 GHz @ 94°C @ 52W 2.03 GHz @ 2.09 GHz @ 76°C @ 21W 2.24 GHz @ 2.19 GHz @ 64°C @ 23W

一見すると、Pavilion Plus 14はこのテストに大失敗したように見えます。しかし、このテストの間、ノートPCはほとんど無音状態だったということがわかります。本質的に、これはHPが通常ビジネスモデルで行っている、非常に保守的な熱管理を行ったことを意味します。

実戦的なゲーム

NVIDIA GeForce MX550 GPU周波数/コア温度(2分後) GPU周波数/コア温度(30分後) GPU周波数/コア温度(ファン最大)
HP Pavilion Plus 14 (14-eh0000) 1441 MHz @ 74°C @ 30W 1436 MHz @ 74°C @ 30W
HP 15 (15-dw4000) 1309 MHz @ 73°C @ 30W 300 MHz @ 55°C @ 16W
レノボのThinkPad T16 Gen 1 1245MHzの@ 73℃の@ 30W 1277 MHz @ 77°C @ 30W
デルの緯度15 5531 1517MHzの@ 74℃の@ 35W 1529 MHz @ 75°C @ 35W

実ゲームでの結果と30WのGPUのクロックスピードを見れば、この冷却ソリューションが強力であることがわかるだろう。かなり大型のThinkPad T16 Gen 1よりもおよそ200MHz高いクロックで動作し、末端温度はPavilion Plusの方が3℃低い。まあ、ThinkPadは決して比較されたいデバイスではないのですが。たとえば、Latitude 15 5531の結果を見てみよう。

複合負荷時の快適性

先ほども言ったように、ノートPCは長時間ゲームをしていても、かなり静かな状態を保っています。キーボードで測定した最も暖かい場所は約44℃で、矢印キーの近くに位置していました。

評価

最後に、今回購入した構成についての感想を述べたいと思います。Core i5-1235UとMX550を搭載しています。演算性能に手抜きがあるため、DOTA2などのゲームではかなり大きなボトルネックが見受けられます。中設定と高設定の差がかなりあり、これはよほどのボトルネックがない限りはあまり起きないことです。

それに加えて、バッテリーの持ちも決して良いとは言えませんでした。私たちはそこに最低のスペックの構成の一つを持っていたという事実を考えると。公式には、HPは11時間30分程度は使えるはずだと言っています。それどころか、私たちは最大7時間30分しか使えませんでした。これは大きな違いであり、HPの信頼性にとって良いことではありません。

HP Pavilion Plus 14 (14-eh0000)のIPSパネルは、2K解像度、快適な視野角、非常に優れたコントラスト比を備えています。バックライトはどの輝度でもちらつきがありません。sRGB色域の93%をカバーし、Gaming and Web designプロファイルではかなり良好な色精度を示しています。このため、Webプレゼンテーションや、色彩に関連するコンテンツに適したデバイスといえます。また、16:10のアスペクト比は、取引や現像にかなり有効です。

このデバイスの良いところはディスプレイだけだと思われる前に、5MPウェブカメラ、快適なキーボード、巨大なタッチパッド、そして全体が金属でできていることをお伝えしておきます。

確かに、そのビルドクオリティは最高とは言えないが、悪いものでもない。さらに、HPはボディパネルにリサイクルアルミニウムを使用していると主張しています。これは良い情報の一部ですが、実質的には役に立ちません。無駄でないのはI/Oです。USB Type-Aが2つ、USB Type-Cが2つあり、後者のデュオはデバイスの充電やDisplayPort 1.4信号の出力が可能です。さらに、MicroSDカードリーダーも搭載しており、これは素晴らしいニュースです。

残念ながら、HPはこのデバイスのメモリーをハンダ付けしています。しかも、低消費電力メモリを利用せず、DDR4チップを使用しています。少なくとも、1つのM.2 PCIe x4スロットでGen 4 SSDを使用することができます。

指紋認証リーダーもここにあり、Bang & Olufsenのマークのすぐ横にあります。にもかかわらず、スピーカーは素晴らしいものではありません。このように、Pavilion Plus 14(14-eh0000)は、消耗戦に突入しています。魅力的なものもあるのですが、同時に、いつも口の中にほろ苦さが残ってしまうのです。つまるところ、レノボ IdeaPad 5 Pro(14インチ)とは厳しい勝負になる。

価格や構成は、Specs Systemで確認できます。 https://laptopmedia.com/series/hp-pavilion-plus-14-14-eh0000/

Pros

  • 輝度調整にPWMを使用しない(IVO8C8D)
  • リサイクルアルミニウムを使用
  • 充実した入力デバイス
  • MicroSDカードリーダーを含む豊富なI/O
  • 指紋認証リーダー
  • sRGBカラーの93%をカバーし、ゲーミング&ウェブデザインプロファイルによる正確な色彩表現(IVO8C8D)
  • アスペクト比16:10の高解像度ディスプレイオプション
  • 5MPカメラ


Cons

  • Thunderboltなし
  • メモリはマザーボードにハンダ付け
  • プロセッサはあまり活用されていません
  • 平均以下のバッテリー駆動時間

Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments